歴史

ジェンデラルスディルマン大学(UNSOED)は、インドネシアの中部ジャワ、バニュマス自治区の地方都市プルオケルトに位置しています。この大学の創立 は1961年に、憲法(pembukaanUUD1945)の教育任務により動機づけられた人々の要求に対し、公式、または非公式のバニュマスの指導者た ちがこの地域に大学を建てることの必要性を議論したことから始まりました。

このようにして、彼らはYayasan Pembinaジェンデラル大学を創設し、大学の発展の準備をしました。この創設は、1961年9月20日に公証人32号によって認められました。その 後、別の機関(地方教育局、インドネシア国民軍など)からの圧力と大統領令第195に従い、1963年9月23日にジェンデラルスディルマン大学は高等教 育科学大臣でバニュマスに居住していたTojib Hadiwidjaja教授によって正式に創立されました。

当初、大学には農学部(旧スマランディポネゴロ大学のもとで)、生物学部、経済学部の3学部のみで始まりました。その後、畜産学部、法学部、社会政治科学 部、医学・公衆衛生学部、理工学部などのいくつかの学部を設置しました。さらに加え、11の3年制(D3)プログラム、33の4年制(S1)プログラム、 そして、3つの専門的なプログラムが、それぞれの学部に配置されました。

大学には、管理学修士、経済管理学修士、経済開発学修士、法学部修士、行政学修士、環境科学修士、農学部修士、動物資源学修士、生物学修士の9つの大学院プログラムも設置されています。

unsoed tempoe doeloe